ポニョ制作秘話。あぁ恐い!恐くない!かわいい!!(・ω・)


崖の上のポニョ』(がけうえのポニョ)はスタジオジブリ制作長編アニメーション映画。監督は宮崎駿。宮崎長編監督作品としては2004年(平成16年)『ハウル動く城』以来4年ぶり、原作・脚本・監督すべてを担当するは2001年(平成13年)公開『千と千尋神隠し』以来7年ぶり作品。
55キロバイト (6,626 語) - 2022年5月6日 (金) 14:21


金曜ロードショーで崖の上のポニョがありましたけども
ポニョはホラー映画なんですよね。
怖いホラー映画を恐く見せないというのがポニョの本質w
そんな崖の上のポニョの制作秘話の
岡田斗司夫解説です(・ω・)



トシオニスト達のYouTubeコメントは以下

猩猩緋
ポニョってお魚型となって迫ってくる波とか、金魚のようにもカエルのようにも見える押し寄せヒロインとか、圧迫感を感じる映画だなとは思っていました。
しかも作中の人間たちは全く気にしていない。
なんかクトゥルフ的な、皆んな知らないけど実は侵略進行中みたいな感じ。
でも解説聞いてもっと濃厚で奥深いことにびっくり。
次にポニョ見る時はホラー映画として見ちゃいそうです。

おでんになりたい
宮崎アニメってこういう解説を知って初めて面白くなるよな

M M
奇妙な違和感があり 世界観が理解できなくて ジブリ?って思ったけど、なんかざわついたのにはちゃんと理由があると知れてよかった 。宮崎さんぶっ飛んでてすげぇな

ナマケノスケ
怖いけどずんぐりして仁王立ちしてるポニョはやっぱり可愛い笑

Kafka
普通にこのポニョ可愛いと思ってたけど…
決意溢れる出で立ちで夫を迎えに来るって考えると凄い‪w‪w‪w‪w

ちゃんと可愛く見えてましたよ宮崎さん!

詭弁な奇便
幼い頃からずっと海洋恐怖症を持ってたから、何十回も観てきたこの映画は得体が知れない怖さと、直感的な怖さがあったなぁ。美術的な美しさも勿論魅力的だとは思うけど、終始訳の分からない不気味さが一番の魅力だと思った。

てんちき野郎
自分でも理解できないことを形にできて、さらに核心を見つけ出せるの凄すぎる

まーにゃ
マジで宮崎駿監督の過去に何があったのが気になる…
その発想はどういった経験から来るのか

さん蝸牛
ポニョが嵐の中波の上を走っている姿がなんか怖かったが、あの直観は間違っていなかったのか・・

パネル組
私は劇場で観た時から「これホラー映画じゃん」と思っていたのですが、世間は「ぽにょかわいい」の風潮で納得いっていなかったのですが、この動画を観てすっきりしました。
Mミント
小さい頃に映画館で見たけど、そんな風には思わなかったな…。普通にいい物語だとずっと思ってた。今でもそうだと信じてるw

Kevin Villejo
この動画を見るまえにも映像研に手を出すなを見て、現場にあるクリエイターのドラマを徐々に知る事が出来た。らしくない可愛い作品だ当時がっかりしてたけど、絵面と歌のギャップに違和感があったのを思い返して今頃やっと全部繋がった

くろむ
「ポニョ来る」は「嵐を呼ぶ半魚人、宗助を迎えに来る」なのかな。たしかにコワイ。

おかころTT
つまりポニョが来る=ナパーム積んだ武装ヘリ師団が来るくらいの怖さって事か

すずこ
初見のときになんとも言えない恐怖を感じて、ジブリ好きなのにポニョだけは見られなくなったのですがなるほどと思いました。
本当は怖い御伽噺って感じ、いや御伽噺のの皮を被ったホラー映画

時野流
ポニョ初めて見たときに「クトゥルーに通じるものを感じる」ってなったけどあの感覚は正しかったんだな

にこにこ
「ポニョ来る」のポニョ、ののかちゃんにしか見えなくて笑うwww

しば
ポニョを観た時の心情
小さい頃→訳わかんねぇ
今→訳わかんねぇ

------------------------

実はポニョのお母さんグランマンマーレの正体は・・・
 ↓
 ↓
 ↓
提灯アンコウ!

マジか!!('Д')
 ↓
この一番下の動画
【怖ぇ】グラン ンマーレには絶対捕まるな。二度と元に戻れなくなるぞ【崖の上のポニョ】【岡田斗司夫/切り抜き】 - YouTube
がグランマンマーレの解説です(;´・ω・)